ブログ

4月28日(火)の課題

さて、産業社会でのコンピュータはどのように活用されているのでしょうか?

 

生産計画・生産管理をコンピュータで行い、ネットワークでやり取りすることで、販売の実績をみて、細かく生産の計画をすることができます。またCADで作成したデータをネットワーク上にある、CAMや自動化製造ラインに送ることで、瞬時に生産をすることができたり、修正をすることができます。

バーコードはJANコードとも呼ばれ、その製品の情報を管理することができます。つまり、例えば、新しい製品ができたとき、このJANコードについての製品の情報を製造者が公開し、それを小売店のPOSに流すことで、間違いなく、その製品がどの価格で、どの程度売れているかなどの管理をすることができます。

 

最近は「ノジマ」などにもあります。機会があれば見てみてください。

これは「Yahoo!ショッピング」や「amazon japan」ですね。

セキュリティの高いワンタイムパスワードなんてものを使って、振込などをすることができます。