ブログ

4月13日(月)の課題

「情報」ってなんでしょう?

例を挙げます。

Aさん:「今日の情報基礎は自習だって」

Bさん:「マジで!!」

Cさん:「Je veux manger ramen!」

さて、Aさんの言葉はBさん、Cさんにとって「情報」なのでしょうか?

Cさんは日本語がしゃべれませんので、Aさんの言葉がわかりませんでした。なので、違うことを言っています。

なので、ここではAさんの言葉はBさんにとっては「情報」になりますが、Cさんにとっては「情報」になりません。

つまり、「情報」とはその人にとって、「有益なもの」=「情報」なのです。

「情報処理」とは

得られた情報を、問題解決の判断材料に利用したり、目的に応じた形に加工することをいいます。

「文字」「数字」「画像」=>「データ

 

「名前」「住所」「電話番号」「学校名」「学年」「クラス」「テストの素点」「成績」「証明写真」など。

これらを加工・蓄積したものを使う社会のことを「情報化社会」といいます。

 

ちなみに

会社=「個人情報保護法」、学校=「個人情報保護条例」

によって、個人にかかわる情報は守られています。

 

ITとICT、この言葉知ってますか?

IT=Information Technology=情報技術

ICT=Infomation and Communication Tecnology=情報通信技術

 

 

情報化社会の弊害

・ハッキング/クラッキング

 サーバなどの情報を盗んだり、設定を変更してしまう。

・コンピュータウイルス

 コンピュータを使えなくする。データを壊す。

・デジタルでデバイド

 情報技術を利用できるかどうかで、社会的・経済的格差を生じること

 

今回は以上です。